『ソロモン諸島でビブリオバトル』目次・「刊行に寄せて」を特別公開!

見本が届きました!

ついに!

待ちに待っていた、僕の初めての著書

『ソロモン諸島でビブリオバトル ぼくが届けた本との出会い』

の見本が自宅に届きました!

いざ手に取ると、本というのは著者だけじゃなくて編集や装丁、出版販売など、本当に多くの方のお力で成り立っているんだとしみじみ実感して、目頭が熱くなってしまいました。

もし手にとって読んでいただけたらとても嬉しいです!

Amazon

楽天

オンラインショップでは2020年5月15日から、書店で注文すると5月12日から入手可能です。

この記事では、本著の目次の紹介と、ビブリオバトル発案者谷口忠大さんに寄稿いただいた「刊行に寄せて」を特別公開します!

内容と目次

『ソロモン諸島でビブリオバトル』

 益井博史/著 価格¥1400+税
 ISBN 978-4-86412-167-5

▽内容

「ぼくが青年海外協力隊で派遣されたのは図書館も本屋もない島だった。子どもたちに読書の楽しさを知ってもらうためビブリオバトルをやることにしたが…」子どもと本を巡る笑いと涙の青年の奮闘記。感動のノンフィクション。

▽目次

1 青と緑の島へ

2 ブアラのぼくの家

3 壁の隙間から見えた光

4 作戦を練る

5 初めての仕事

6 ソロモン諸島の子どもたちの読書事情

 ◆ソロモン諸島の物語① 三五〇〇年前の大事件

7 読書推進計画、始動!

8 ソロモン史上初ビブリオバトル開催

9 週一ペースでビブリオバトル

 ◆ソロモン諸島の物語② 発見と混乱

10 いざ、初出張へ

11 学校でのビブリオバトル

12 ソロモン諸島でのビブリオバトルから気づいたこと

 ◆ソロモン諸島の物語③ そして神は降りたった

13 ぼくとビブリオバトルの出会い

14 変わっていく子どもたち

15 イザベル州の学校めぐり

 ◆ソロモン諸島の物語④ やってきた戦争

16 芽を出したビブリオバトル

17 隣国にまで広がっている!

 ◆ソロモン諸島の物語⑤ 独立とそれから

18 ソロモン諸島全国教育局会議

19 出張授業、五〇日間の旅

20 ビブリオバトルを一〇〇回やったら、ソロモンの秘宝が見つかった?

「刊行に寄せて」特別公開!

本著末尾には、ビブリオバトル発案者の谷口忠大さん(立命館大学情報理工学部教授)に、「刊行に寄せて」を寄稿いただきました。

この記事では、谷口忠大さんと出版社さんの許可を得て、その『刊行に寄せて』を特別公開いたします。(次ページに続く)

【もうはんぶんは?】ビブリオバトル on YouTube ライブ #10 「はんぶんおとな」配信しました!

【日時】2020年6月9日(火)21:00~22:00

【テーマ】はんぶんおとな

【バトラー】

  • 河野亜美さん:皇学館大学ビブリオバトルサークル「ビブリオフィリア」部長 Twitter: @syobon1018
  • 佐々木奈三江さん:徳島大学図書館職員
  • 益井博史:『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)著者 Twitter @bibliohero

(↑アーカイブです。YouTubeのページで見るとチャットの様子も表示されます)


見た目は大人、頭脳は子ども!
その名は、BIBLIOHERO!
ということで(?)、ビブリオバトル on YouTube ライブ #10 を開催しました!

「 #10 」→「二十歳の半分」→「はんぶんおとな」というよくわからないテーマ設定だったんですが、対談本、小説、歴史本と見事に本のジャンルが分かれる回になりました!


ご覧いただいている皆さまのコメントが本当に暖かくて、やっていて楽しくなります。
バトラーの佐々木さん、河野さん、そして視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございます!!!


僕が今10連敗ってことは置いといて!!!!


【紹介された本】
☆:チャンプ本

  1. 『秘密と友情』春日武彦・穂村弘(著)/新潮社(佐々木奈三江)☆
  2. 『逆ソクラテス』伊坂幸太郎(著)/ 集英社(益井博史)
  3. 『歴史とは靴である:17歳の特別教室』磯田道史(著)/講談社(河野亜美)







ご視聴・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!




いただいた感想Tweetなど抜粋!

【優勝、それは心の所作】ビブリオバトル on YouTube ライブ #9 「優勝」配信しました!

(チャンプ本を獲った勢いの紙吹雪背景の人は負けました)

【日時】2020年6月2日(火)21:00~22:00

【場所】https://youtu.be/oErCt8fh2sU

【テーマ】優勝

【バトラー】

  • 中山息吹さん:全国大学ビブリオバトル2019グランドチャンプ本獲得 Twitter: @Ibuchef1
  • Yuki Akashiさん:アワヒニビブリオバトル主催
  • 益井博史:『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)著者 Twitter @bibliohero

ビブリオバトル on YouTube ライブ #9、ご覧いただいた皆さま、ありがとうございました!

テーマが「優勝」だったのですが、全国大学ビブリオバトル2019覇者、中山息吹さんが見事チャンプ本を獲得されました!
『さよならドビュッシー』面白そう!


今日のYouTubeライブは、配信をスタートしたつもりが、冒頭5分間開始ボタン押せておらず流れていなかったというえげつない事態にしてしまいました。
お待ちいただいた方すみませんでした!!


優勝とは、心を研ぎ澄ませ、準備を整えた者の上に訪れる。
ビブリオバトルはいつだって大切なことを僕に教えてくれますね。


トラブル続きだったにも関わらず楽しくご出演いただいた 中山息吹 さん、 Yuki Akashi さん、誠にありがとうございました!!



【紹介された本】
☆:チャンプ本

  1. 『ワカコ酒』新久千映(著)/コアミックス(益井博史)
  2. 『そこにシワがあるから:エクストリーム・アイロニング奮闘記』松澤 等(著)/ 早川書房(Yuki Akashi)
  3. 『さよならドビュッシー』中山七里(著)/宝島社(中山息吹)☆




ご視聴・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!




いただいた感想Tweetなど抜粋!

ビブリオバトル on YouTube ライブ #12 ~ #14 出場者募集!

ビブリオバトル on YouTube ライブ #12 ~ #14 に出演いただけるバトラーさんを募集します!


YouTube ライブにバトラーとして出演してみませんか?

参考:ビブリオバトル on YouTube ライブ #10 「はんぶんおとな」




ビブリオバトルのようすをYouTubeライブで配信し、視聴者さんとともにゲームを作り上げていく企画です!


バトラー募集詳細

【主催】益井博史(BIBLIOHEROチャンネル

【日時】

  • #12 6/23(火) 21:00~22:00 テーマ「十二
  • #13 6/30(火) 21:00~22:00 テーマ「逆に
  • #14 7/7(火) 21:00~22:00 テーマ「ソロモン諸島

※7月7日はソロモン諸島の独立記念日

【募集バトラー人数】各回2名ずつ。

【ルール】ビブリオバトル公式ルールに則る。

【参加費・出演料】無料

【応募方法】↓の応募フォームからお願いします。

ビブリオバトル on YouTube ライブ バトラー申し込みフォーム

【応募期限】2020年6月14日(日)まで。

【応募時の注意】

  • バトラーは毎回益井含め3名の予定です。
  • 初めての方優先です。
  • 希望日時と人数の都合上、参加のご希望に添えない場合があります。
  • zoomを使用します。事前に使い方の確認と、最新版へのアップデートをお願いします。
  • ご自身が映る背景から住所等が特定されないようご注意ください(バーチャル背景推奨)。
  • 顔出ししたくない場合、お面等を自身でご準備ください。
  • 全年齢が視聴することへの意識をお願いします。
  • バトラーとして出演が決まった場合、別途プロフィール画像の提供をお願いしております。
  • 視聴者が誰も来なくても、ゲームを配信して、アーカイブに残します。

皆さまのご応募、お待ちしております!

ビブリオバトル on YouTube ライブ バトラー申し込みフォーム

アクティブ・ブック・ダイアローグ®(ABD)読書会、開催します!

ツアービブリオなどで活躍中の榎村真由さんが、拙著『ソロモン諸島でビブリオバトル』出版記念にオンライン読書会を企画してくれました!


ABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ®)という手法で、既読・未読問わず書籍さえあれば楽しむことができます!
僕もやったことがあるのですが、すごく面白いですよ!


著者も加わる読書会ですので、よければぜひご参加くださいー!!

以下、イベントページより


『ソロモン諸島でビブリオバトル』出版記念ABD読書会



祝!益井さん著『ソロモン諸島でビブリオバトル』出版!

せっかくなので著者ご本人と一緒に読解を深めてお祝いできればということで、本書を課題本にした読書会を開催します!

今回ご紹介する手法はアクティブ・ブック・ダイアローグ®(ABD)です。
あらゆる本を参加者の皆さんと一緒に楽しく読みこなせる、全国的に人気の超参加型読書手法です。

当日レクチャーしながら進行しますので、未経験の方も安心してご参加いただけます。

①1冊の本を担当パートでわりふり、各自でパートごとに読み、要約文を作ります。
②リレー形式で各自が要約文をプレゼンします。
③問いを立てて、感想や疑問について話しあい、深めます。

ABDについて

Zoom(参加者に個別でご連絡)にてABDによる『ソロモン諸島でビブリオバトル』読了後、著者益井さんのトークショーも開催します!

※終了後、希望者がいればSpatialChatにて別途懇親会も予定しております。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/review/1252198.html

読書会中に読める形式ですので、事前に読了しておく必要はありません。
ぜひお気軽にご参加いただけますと幸いです!

<日時>
2020年6月7日(日)14:00~17:30予定

<参加費>
無料

<参加条件>
・開催日までに『ソロモン諸島でビブリオバトル』をお手元にご用意いただける方
・要約を画面共有するプレゼンテーションツール(パワーポイント)が利用いただける方

<申し込み>
本イベントページの参加予定ボタンを押した後、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。

申し込みGoogleフォーム

※イベントページの参加ボタンを押しただけでは、正式な参加とはなりません。必ず上記申込ページからお申し込みをお願いします。

<定員>
最大20名

******

★書籍情報
『ソロモン諸島でビブリオバトル ぼくが届けた本との出会い』
益井博史(著)
発行:子どもの未来社
四六判 152ページ
価格 1,400円+税
ISBN978-4-86412-167-5CコードC0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784864121675

★紹介
「ぼくが青年海外協力隊で派遣されたのは図書館も本屋もない島だった。子どもたちに読書の楽しさを知ってもらうためビブリオバトルをやることにしたが…」子どもと本を巡る笑いと涙の青年の奮闘記。感動のノンフィクション。

★著者プロフィール
益井博史 (マスイ ヒロフミ) (著)
1988年生まれ。京都市出身。ビブリオバトル普及委員会理事。青年海外協力隊2015年度3次隊でソロモン諸島へ。現在は立命館大学情報理工学部創発システム研究室で人同士のコミュニケーションに関する研究に携わっている。
Https://bibliohero.com/

【全国大会覇者、来たる】ビブリオバトル on YouTube ライブ #9 「優勝」配信決定!

次回6/2(火)21時からのビブリオバトル on YouTube ライブには、ついに全国大会の覇者が出演します!

全国大学ビブリオバトル2019グランドチャンプ本獲得者、中山息吹さんです!
僕も去年決勝戦のようすを生で観ていたんですが、愛のある素敵な語りをしていらっしゃいました。


僕も7年前には同じ大会の出場者だったので、そのチャンピオンに自分のYouTubeの配信に出ていただけるって、不思議な気持ちになります。
当時の僕の予定では、自分が全国一になって引っ張りだこになるはずだったんですけどね。


もうお一人のバトラーさんは、アワヒニビブリオバトル主宰で、僕のオンラインサイン会を企画していただいたYuki Akashiさん!
画像の都合上、圧倒的に優勝してる人の雰囲気になりました!笑

テーマは「優勝」です。
どうぞお見逃しなく!



【日時】2020年6月2日(火)21:00~22:00

【場所】https://youtu.be/aUTbWy9NZvU

【テーマ】まち

【バトラー】

  • 中山息吹さん:全国大学ビブリオバトル2019グランドチャンプ本獲得 Twitter: @Ibuchef1
  • Yuki Akashiさんアワヒニビブリオバトル主催
  • 益井博史:『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)著者。Twitter: @bibliohero

【ビブリオバトル公式ルール】

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する。
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

ビブリオバトル公式サイト




【まちに人がいるんじゃない、人がいるところがまちなんだ】ビブリオバトル on YouTube ライブ #8 「まち」配信しました!

【日時】2020年5月26日(火)21:00~22:00

【場所】https://youtu.be/oErCt8fh2sU

【テーマ】まち

【バトラー】

  • タニリョウジさん:『モテるまちづくり』著者。人見知りで世間知らずな自分ですが、まちづくりだけは20年続けられました。
  • さくまさん:車椅子で地域のまったり読書家YouTuber「さっくー」のナカノヒト。 Twitter: @Sakuma_to_hon
  • 益井博史:『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)著者。Twitter: @bibliohero

(↑アーカイブです。YouTubeのページで見るとチャットの様子も表示されます)


ビブリオバトル on YouTube ライブ #8 配信しました!
ご視聴・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!
「まち」をテーマに、個性あふれる本が3冊紹介されました。


僕はビブリオバトル人生で初めて、著者の目の前で本を紹介する、というチャレンジをしたんですが、「なんでそんなハードル上げたの」ってさんざん言われるだけの結果となってしまいました…!
でも谷亮治さんの『モテるまちづくり』面白いのでぜひ読んでください!笑


「まち」に人が溢れるのはまだまだ難しそうですが、YouTubeに集まっていただけるのもある意味「まち」なのかも。


【紹介された本】
☆:チャンプ本

  1. 『まわしよみ新聞のすゝめ』陸奥 賢(著)/まわしよみ新聞実行委員会(タニリョウジ)☆
  2. 『モテるまちづくり: まちづくりに疲れた人へ。』谷 亮治(著)/ まち飯叢書(益井博史)
  3. 『赤と白』櫛木 理宇(著)/集英社(さくま)




YouTubeライブで話題に出ていたタニリョウジさんのまちづくりに関するnoteはこちら

ご視聴・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!




バトラーのさくまさんが、YouTubeに出演した感想をアップしてくださいました!

ビブリオバトルで紹介された著者の別の作品についても語られています!




いただいた感想Tweetなど抜粋!

【書を携えまちへ出よ(ウェブ)】ビブリオバトル on YouTube ライブ #8 「まち」配信決定!

次回5/26(火)のビブリオバトル on YouTube ライブには、「前職の頃から益井がファン」という理由だけでオファーさせていただいた、タニリョウジさんにご出演いただきます!


京都市まちづくりアドバイザーをされていて、『モテるまちづくり』(めっちゃ面白いです)の著者でもある方です。
ビブリオバトルは初体験とのことなのですが、いきなりのYouTubeライブにご快諾いただきました!
ありがとうございます!!


もうお一人のバトラーさんは、車椅子を操る地域のまったり読書家YouTuber、さくまさん


「まち」をテーマにして、ビブリオバトルを繰り広げます!
まちづくり界隈の皆さまも、ぜひお気軽にご視聴ください!




【日時】2020年5月26日(火)21:00~22:00

【場所】https://youtu.be/oErCt8fh2sU

【テーマ】まち

【バトラー】

  • タニリョウジさん:『モテるまちづくり』著者。人見知りで世間知らずな自分ですが、まちづくりだけは20年続けられました。
  • さくまさん:車椅子で地域のまったり読書家YouTuber「さっくー」のナカノヒト。 Twitter: @Sakuma_to_hon
  • 益井博史:『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)著者。Twitter: @bibliohero

【ビブリオバトル公式ルール】

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する。
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

ビブリオバトル公式サイト


『ソロモン諸島でビブリオバトル』読み手の皆さまの声

拙著『ソロモン諸島でビブリオバトル』をお読みいただいた方が、感想を送ってくださったり、ブログなどにアップいただいているので、このページでご紹介させていただきます!

お読みいただいた皆さま、本当にありがとうございます!!


書籍の情報はこちらから

書籍「ソロモン諸島でビブリオバトル」のご紹介



感想ブログなど




カモシダせぶんさん(お笑い芸人/松竹芸能)




カモシダせぶんさんにご参戦いただいた、ビブリオバトル on YouTube ライブ #6 「読書」のようすはこちらから!




西沢杏子さん(児童文学作家&詩人)

2020年5月の出会い(5月2日)




森川成美さん(作家)

「ソロモン諸島でビブリオバトル」益井博史(森川成美の創作日記)




おおぎやなぎちかさん(作家)

『ソロモン諸島でビブリオバトルーぼくが届けた本との出会い』益井博史(子どもの未来社)(fromイーハトーヴ ーー児童文学(筆名おおぎやなぎちか)&俳句(俳号北柳あぶみ))




草谷桂子さん(児童文学作家)





tokoさん(NPO法人「絵本で子育て」センター所属絵本講師)





花岡猫子さん

【『ソロビブ』出版記念】オンラインサイン会を開かせていただきました!

『ソロモン諸島でビブリオバトル』出版記念の「オンラインサイン会」というものを開かせていただきました!
企画いただいたAkashiさん、そしてご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!!


トークショーパートではどういうことを喋っていいのか全然わからず、幼い頃の写真を引っ張り出してみたりしました。
どれが僕かわかりますか?(一番かわいい子です)

子どもの未来社代表の奥川さんにも喋っていただいたり、zoomなのにギター弾いたりやりたい放題な会だったのですが、すごく貴重な経験をさせていただきました!
ご無沙汰してしまっていた方々ともお話できてとても楽しかったです!

サインした本お送りするので、そちらも楽しんでいただければ幸いですー!






※しました!笑

【これが未来だ】ビブリオバトル on YouTube ライブ #7 「未来」配信しました!

【日時】2020年5月19日(火)21:00~22:00

【場所】https://youtu.be/9uVpface7A4

【テーマ】未来

【バトラー】

  • ノンシュガーさん:世界初(自称)のバーチャルビブリオバトラー Twitter: @osatouoome
  • 本田美織さん:ビブリオバトル長崎もいもい代表 Twitter: @moimoi_ngsk
  • 益井博史:『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)著者

(↑アーカイブです。YouTubeのページで見るとチャットの様子も表示されます)






ビブリオバトル on YouTube ライブ #7 を配信しました!

テーマが「未来」だったんですが、バーチャルビブリオバトラーのノンシュガーさんがすごくぬるぬる動いていて素晴らしかったです!
オンラインのビブリオバトルだからこそ、色んな技術や新しい工夫が生まれているのを感じますね!


ゲーム自体もノンシュガーさんのトーク(ボイスチェンジャーは諦めたそう)、 本田美織さんのパッション溢れるお話がとても楽しかったです!




【紹介された本】
☆:チャンプ本

  1. 『プレイヤーはどこへ行くのか』限界研(著)/南雲堂(ノンシュガー)☆
  2. 『妄想国語辞典』野澤 幸司(著)/扶桑社
  3. 『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン(著)/東京創元社





ご視聴・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!







いただいた感想Tweetなど抜粋!