『ソロモン諸島でビブリオバトル』目次・「刊行に寄せて」を特別公開!

見本が届きました!

ついに!

待ちに待っていた、僕の初めての著書

『ソロモン諸島でビブリオバトル ぼくが届けた本との出会い』

の見本が自宅に届きました!

いざ手に取ると、本というのは著者だけじゃなくて編集や装丁、出版販売など、本当に多くの方のお力で成り立っているんだとしみじみ実感して、目頭が熱くなってしまいました。

もし手にとって読んでいただけたらとても嬉しいです!

Amazon

楽天

オンラインショップでは2020年5月15日から、書店で注文すると5月12日から入手可能です。

この記事では、本著の目次の紹介と、ビブリオバトル発案者谷口忠大さんに寄稿いただいた「刊行に寄せて」を特別公開します!

内容と目次

『ソロモン諸島でビブリオバトル』

 益井博史/著 価格¥1400+税
 ISBN 978-4-86412-167-5

▽内容

「ぼくが青年海外協力隊で派遣されたのは図書館も本屋もない島だった。子どもたちに読書の楽しさを知ってもらうためビブリオバトルをやることにしたが…」子どもと本を巡る笑いと涙の青年の奮闘記。感動のノンフィクション。

▽目次

1 青と緑の島へ

2 ブアラのぼくの家

3 壁の隙間から見えた光

4 作戦を練る

5 初めての仕事

6 ソロモン諸島の子どもたちの読書事情

 ◆ソロモン諸島の物語① 三五〇〇年前の大事件

7 読書推進計画、始動!

8 ソロモン史上初ビブリオバトル開催

9 週一ペースでビブリオバトル

 ◆ソロモン諸島の物語② 発見と混乱

10 いざ、初出張へ

11 学校でのビブリオバトル

12 ソロモン諸島でのビブリオバトルから気づいたこと

 ◆ソロモン諸島の物語③ そして神は降りたった

13 ぼくとビブリオバトルの出会い

14 変わっていく子どもたち

15 イザベル州の学校めぐり

 ◆ソロモン諸島の物語④ やってきた戦争

16 芽を出したビブリオバトル

17 隣国にまで広がっている!

 ◆ソロモン諸島の物語⑤ 独立とそれから

18 ソロモン諸島全国教育局会議

19 出張授業、五〇日間の旅

20 ビブリオバトルを一〇〇回やったら、ソロモンの秘宝が見つかった?

「刊行に寄せて」特別公開!

本著末尾には、ビブリオバトル発案者の谷口忠大さん(立命館大学情報理工学部教授)に、「刊行に寄せて」を寄稿いただきました。

この記事では、谷口忠大さんと出版社さんの許可を得て、その『刊行に寄せて』を特別公開いたします。(次ページに続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です