【まちに人がいるんじゃない、人がいるところがまちなんだ】ビブリオバトル on YouTube ライブ #8 「まち」配信しました!

【日時】2020年5月26日(火)21:00~22:00

【場所】https://youtu.be/oErCt8fh2sU

【テーマ】まち

【バトラー】

  • タニリョウジさん:『モテるまちづくり』著者。人見知りで世間知らずな自分ですが、まちづくりだけは20年続けられました。
  • さくまさん:車椅子で地域のまったり読書家YouTuber「さっくー」のナカノヒト。 Twitter: @Sakuma_to_hon
  • 益井博史:『ソロモン諸島でビブリオバトル』(子どもの未来社)著者。Twitter: @bibliohero

(↑アーカイブです。YouTubeのページで見るとチャットの様子も表示されます)


ビブリオバトル on YouTube ライブ #8 配信しました!
ご視聴・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!
「まち」をテーマに、個性あふれる本が3冊紹介されました。


僕はビブリオバトル人生で初めて、著者の目の前で本を紹介する、というチャレンジをしたんですが、「なんでそんなハードル上げたの」ってさんざん言われるだけの結果となってしまいました…!
でも谷亮治さんの『モテるまちづくり』面白いのでぜひ読んでください!笑


「まち」に人が溢れるのはまだまだ難しそうですが、YouTubeに集まっていただけるのもある意味「まち」なのかも。


【紹介された本】
☆:チャンプ本

  1. 『まわしよみ新聞のすゝめ』陸奥 賢(著)/まわしよみ新聞実行委員会(タニリョウジ)☆
  2. 『モテるまちづくり: まちづくりに疲れた人へ。』谷 亮治(著)/ まち飯叢書(益井博史)
  3. 『赤と白』櫛木 理宇(著)/集英社(さくま)




YouTubeライブで話題に出ていたタニリョウジさんのまちづくりに関するnoteはこちら

ご視聴・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!




バトラーのさくまさんが、YouTubeに出演した感想をアップしてくださいました!

ビブリオバトルで紹介された著者の別の作品についても語られています!




いただいた感想Tweetなど抜粋!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です